人が生活をしていく中で急遽お金が必要になる場合がありますよね。例えば不況により勤務先の会社からもらう給料を減らされて、生活費が足りなくなったり、子供の教育費や養育費に予想以上のお金がかかってしまうなどです。また多くの人は車を運転しますが、不運にも事故を起こしてしまい、相手に賠償する必要が生じた場合もすぐにお金が必要となります。

そしてこのような場合は借入の申し込みをした日に融資をしてくれる消費者金融でキャッシングをしてお金を調達して対応することになります。現在ほとんどの消費者金融は即日融資が可能となっているので、すぐにお金を借りることはそれほど難しいことではありません。

そこで即日で融資を受ける手続きについてこれから書いていきたいと思います。

借入の申込はインターネットでしましょう

キャッシングの申込方法はいくつかありますが、確実に即日で借入をしたいのであればインターネットで申込をしましょう。なぜなら店舗まで行く手間を省くことができ、業者のサイト上で必要事項を入力して送信するだけなので、簡単かつスピーティーに手続きをすることができるからです。
また業者によっては申し込みだけでなく、その後の融資までの手続きをすべてWEB上で完結できる場合もあり、超最短融資も可能となっています。
自動契約機で手続きをして融資を受ける場合でも、申込はインターネット上で行い、店舗に行くまでの間に審査をしてもらうことができるので、効率的に手続きができます。

ただ手続きをする際に注意しておきたいのが、融資を受ける方法によっては日時に制限があることです。具体的には振込で融資を受ける場合、原則は平日の15時前までとなっているので、その日に融資を受けるためには少なくとも13時くらいまでには申し込みをする必要があります。
これに対して自動契約機で審査完了後の融資手続きをする場合は、平日、土日祝日問わず、夜遅い時間までやっているので、即日融資を受けようとする場合でもそれほど急ぐ必要はないでしょう。

超短期融資が可能なプロミス

すぐにお金を借りたいと思っている人におすすめの業者としてプロミスがあげられます。この消費者金融は手続き完了からすぐに借入できる超短期融資が可能だからです。また一定の銀行口座を指定すると平日9時から15時の銀行の営業時間外でも振込で融資を受けることができるのでとても便利です。→プロミス 審査